働き方改革と人事施策

働き方改革関連法案が可決され、2019年4月から順次施行されています。

「国内生産問題」対策は出来ていますか?

労働契約法の改正

有期労働契約で働く人が安心して働き続けることができる社会を実現する目的で改正されました。同一職場で5年以上働いている有期契約社員(パート、契約などの非正規社員)が無期契約への転換を申し出れば企業側は拒否できない「5年ルール」制度のスタートが一番大きなポイントです。
さらに一時期社会問題化した使用者による「雇止め」が認められない『「雇止め法理」の法定化』も盛り込まれています。
また、有期契約労働者と無期契約労働者との間で、期間の定めがあることによる不合理な労働条件の相違を設けることを禁止するルールも、定められました。

画像
画像

同一労働同一賃金

"同一労働同一賃金"とは働き方改革の課題点の1つで、同じ職場で同じ業務に従事する「正社員」と「非正規社員」との間で待遇や賃金格差をなくすという考え方のことを言います。
人手不足が深刻化する今、従業員一人当たりの"労働生産性の向上"、"離職率の減少"、"採用強化"、"従業員の満足度向上"を図るためにも同一労働同一賃金は必要不可欠となります。 厚生労働省より発表された「同一労働同一賃金ガイドライン」をもとに、企業毎で非正規社員に対する待遇の見直しを行う必要があります。
様々な雇用問題の解決に向けて、当社の「働き方コンサルタント」がお客様のお手伝いをさせていただきます。

労働力人口の減少

労働力人口とは15歳以上で労働する能力と意思を持つ者のことを言い、今後日本では労働力人口が長年にわたって減少していくと予測されております。(以下、総務省統計局データ引用)
少子高齢化の影響を受け、"働き盛り"と呼ばれる25歳~34歳の労働力人口が2011年~2019年の間に約100万人程減少しております。
今後も労働力人口の減少は深刻化し続けると予測されており企業にとって「人手不足」は避けられない状況となっております。
このような人手不足を引き起こす要因の1つとして、少子高齢化の他にも"退職者数の増加"が関係していると言われております。

対応例

 

【派遣法対応】

【請負事業】

  • 請負事業の導入・ご提案
  • 派遣から請負への切替
  • 請負現場での技能実習生活用

【同一労働同一賃金】

当社へお問い合わせください!

0120-373-930

メールでのご相談・資料請求はこちら 株式会社PEO